『使うではなく育てる』真のリーダーが持つべき教育のマインドセット【教育において重要なこと】

「『使うではなく育てる』真のリーダーが持つべき教育のマインドセット【教育において重要なこと】」の見出し画像

あなたは部下を持つマネージャーかもしれませんし、新たな後輩を迎え入れる立場かもしれません。これは会社に所属している以上、避けて通れない現実です。そして会社とは、持続的な存在であり、それを支える我々社員には「教育」の責任があります。

「教育するべきだ」と直接指示されなくても、会社員としての役割の一部として理解すべきです。サラリーマンであれば、これは避けられない業務なのです。もちろん、部下や後輩が成長しないと、業務遂行が困難になることは明らかです。

直球で言います。教育において最も重要なことは、「理由を伝えること」です。

そして、本記事では「教育する際のマインドセット」に焦点を当ててみましょう。実は、このテーマについて誤解している人が多いと感じています。そしてその結果、若手が育たないという問題を抱えてしまう方々が多いのです。

この記事を書いた人
腕組みをする運営者

株式会社 RaisePLAN 代表取締役

武田 祐樹(たけだ ひろき)

【これまでの活動】

  • 総合建設業に17年在職後、独立起業。
  • 建設現場の生産性向上支援や施工管理の教育支援を展開。
  • 中小企業デジタル化応援隊事業(中小企業庁)のIT専門家。
  • YouTube音声配信Instagramなどで情報発信を行い、電子書籍の出版やオンライン講師、オンラインセミナー活動に積極的に取り組む。
  • 建設業の現場効率化の仕掛け人としてAbemaPrimeに出演(2023年3月)。
目次

教育において誤った考え方

質問:教育する立場にあると、自分でやった方が速くて効率的だと感じることがあるのではないでしょうか?

答え:はい、その感覚は多くの人が経験するものです。しかし、これは教育の目的から外れてしまっています。

教育の真髄は、能力がまだ未熟な者を育て、成長させることです。一時的な効率を求めるあまり、後輩や部下を単なる作業の手伝いとして扱うのは誤りです。教育の本質は、単に作業を代行させるのではなく、彼らに理解とスキルを持たせることにあります。

具体例を考えてみましょう。
「ここを掘って」という指示だけを出すのではなく、その背後にある理由や目的を伝えることが重要です。そうすることで、彼らは単に命令されたタスクをこなすのではなく、その意味や目的を理解して行動できるようになります。

短期的には、指導することで自分の負担が増えるかもしれません。しかし、長期的に見れば、理解とスキルを持った部下や後輩が増えることで、組織全体の成果が向上します。

教育とは単に技術や知識の伝達だけではなく、その背後にある意味や価値を共有することも含まれています。この考え方を持ち続けることで、真の教育を行うことができるでしょう。

教育で大切なものとは

教育で一番大切なのは『理由を伝えること』です。

一つの行動の「何をするのか」を伝えるよりも、「なぜそれをするのか」を伝えることがはるかに重要です。理由が理解できれば、異なる状況でもそれを適用することが可能になります。しかし、「何をするのか」だけを教えられた人は、同一の状況に限り、一時的な解決策だけを学びます。

これはやや複雑な話かもしれませんので、端的に言います。

教えるときの心構えは、次回の問題解決を容易にするような教え方をすべきです。

ただ今回の仕事を楽にすることを教えるだけでは、それが次の状況に適用できるとは限りません。なぜなら、状況は微妙に異なるからです。それは本当の教育を単に遅らせているだけです。

教育の過程に入るという時点で、今は難しいことを学ぶ覚悟が必要です。今は大変だと思うかもしれませんが、よく考えてみてください。一回だけ楽にするのと、これからずっと楽にするのと、どちらが効率的でしょうか?

今の自分の便宜を優先するなら、その代わりにアルバイトを雇うべきです。それの方が気楽です。しかし、会社は永続性が求められます。ならば今この瞬間を犠牲にしてでも、将来の効率を選ぶ方がより合理的です。

このような持続的な時間投資の精神こそが、真の教育ではないでしょうか。そして、このような教育を受けた人は、他の方法で教えられることを知らないでしょう。したがって、同じ方法で教え続けることになるでしょう。

このようにして、強固な教育の連鎖が始まるのです。もし今までの教育が不十分だったと感じるなら、今すぐ新しいスタートを切るべきです。ここでネガティブな連鎖を断ち切るべきなのです。

真のリーダーが持つべき教育のマインドセット:まとめ

会社に所属し、部下や後輩を持つ私たちは、教育の重要性とその実践法について深く理解する必要があります。それはただ彼らを「使う」ことではなく、「育てる」ことです。そしてその最も重要な要素が「理由を伝えること」だということを、今日の記事を通してお伝えしました。

我々が正しい教育のマインドセットを持つことで、若手は確実に成長します。そして、彼らが成長することで、我々自身もまた成長し、会社全体が向上していくのです。

忙しさに追われる毎日ですが、その一方で育てる側としての自覚と責任を忘れず、部下や後輩に対する適切な教育を心掛けていきましょう。それが私たちの成長にもつながり、そして何よりも未来の会社を支える力になるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次